ヒストリー

1984年

11月

パインレークゴルフクラブ18ホールズ営業開始

1987年

5月

三菱ギャラントーナメント開催 (パインレークゴルフクラブ)

1990年

8月

関西オープン開催 (パインレークゴルフクラブ)

「ただ遠くへ飛ばせるパワーだけではもちろん、正確なショットを打ち出せるテクニックを持ちあせていてもまだ、 攻略しきれないコース」三菱ギャラントーナメントの開催は、全国のゴルフファンにパインレークゴルフクラブを強く印象づけました。 また当時優勝したB・ジョーンズは「ぐったり疲れるが、そういう難しいコースが好き」と、語った言葉が印象的でした。

パインレークゴルフで三菱ギャラントーナメントに続くビッグトーナメントの関西オープンが開催されました。 競技は、日本のプロゴルフ界のドンと呼ばれる杉原輝雄プロが、ベテランの貫禄をいかんなく発揮して9度目のVを獲得。 国内ツアー53度目の優勝を飾りました。