エチケット&マナー

エチケット・マナーについて

ご来場者へお願い

パインレークゴルフクラブは、関西初のベントワングリーン、そして日本でも有数の本格的インターナショナルコースとして、 世界の名匠R・T・ジョーンズJrの手により美しい自然を生かした戦略性の高いコースとして誕生しました。 ご来場各位に存分にゴルフの原点と醍醐味を提供できる後世に残る名コースをめざし、運営に心しております。 そうした意味からも、よいゴルフは良いマナーにつきるという言い古された言葉を大切にして参りたく、 皆様のご協力と理解をお願い申し上げます。

エチケット・マナーについて

エチケット・マナーを守り、ゴルフ規則に精通順守するように務めて下さい。

1.クラブハウス編

  • 来場の際は一般的な背広かブレザーをご着用下さい。ブルゾン・ジャンパーに類するものやジーンズ・スニーカー・サンダル履きはご遠慮下さい。
  • 食堂においては声高に話したり、携帯電話の使用など、他のプレーヤーに不快感を与える言動は慎んで下さい。
    尚、携帯電話は談話室又は屋外にてご使用下さい。
  • 新聞・雑誌の食堂内での閲覧はご遠慮下さい。
  • クラブハウス内でのくわえタバコ、着帽、食堂内でのウィンドブレーカー類の着用は慎んで下さい。
  • 館内禁煙となっております。ご協力宜しくお願い致します。

2.ゴルフプレー編

  • プレーヤーは必ず襟つきのスポーツシャツをご着用下さい。Tシャツ、ジーパン類はご遠慮下さい。
    半ズボン着用の際は、スニーカーソックス(踝までのソックス)は厳禁とします。
  • 練習スイングは周囲の人に注意し、且つ芝を傷めないようにご注意下さい。
  • プレーヤーがアドレスしたりストロークに入っている時は他のプレーヤーは動いたり話したりしないで下さい。
    また、ボールの飛球線の前後方及びプレーヤーのすぐ前後には立たないでください。
  • ラウンドに際しては、歩行は早くハーフ所要時間2時間15分でのラウンドを心掛けて下さい。
  • 球を捜すプレーヤーは、直ぐにみつからない場合は、速やかに後続組を通過させて下さい。
  • バンカーの足跡や打球跡は、プレーヤー自身にて、入念に修復して下さい。
  • グリーン上に付けたボールの落下による傷跡や、シューズを引きずった傷跡はプレーヤー自身にて入念に修復して下さい。
  • グリーン上では必要以上に時間を掛けないよう心掛けて下さい。またプレーが終了したら直ちに全員が離れて下さい。
  • プレーに関する判断は全て自己責任となります。キャディに過度の判断を期待したり苦情を言ってはいけません。